11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

大掃除の続きとご挨拶

2009.12.30/Wed/22:27:06

まだまだ終わらない年末の大メンテナンスの続きです。
to be continued

足し水の際に肥料だけは追加し続けたためか、一部の水草が大繁茂してちょっと収拾がつかなくなっています。

トリミング前
左側はロタラ、ルドウィジア、ハイグロフィラなど液肥がよく効く種類ばかりだったので全体的にモッサリしています。足し水だけとは言っても水面に到達したものはカットしているのですがキリがありません。

トリミング前右
右側は成長の差が激しく、ミリオフィラム、メキシカンバーレーンなど一部の水草が巨大化、それに覆われてリムノフィラとかセイロンハイグロなど茎の下の方から溶けてきてしまいました。

上の方をカットして騙し騙し維持してきましたが、全体的にカットして差し戻すなりしないといけないのでバッサリといきます。



と、その前に非常に珍しい光景が見れたので。
珍しく水槽に興味
基本的にうちの猫は、シーチキンの缶詰が泳いでいると思っているゆとり世代なので、泳いでいる魚には興味を示さないのです。

おいしいの?
「怒らないの?」って感じで振り返りましたが、ちょっと匂いを嗅いで手を伸ばしたぐらいで怒りませんよ。



閑話休題。メンテは結局3時ごろから始めて夜まで掛かってしまいました。ついでにサワガニ水槽も洗って本当に全部の水槽終了です。ほかの水槽のトリミングはいずれご紹介します。
サイドから
カットして差し戻して、本当は少し水草を足そうかとも思いましたがやめて正解だったようです。少し悪くなった水草はあるものの差し戻しするとほとんどスペースが埋まりました。


after90.jpg
(クリックすると拡大画像が見られます)
何とか今日中に終わりました。明日は家の大掃除&夜は年越しのイベント~そのまま初詣という流れなので今日終わらないとそのまま年を越してしまうところでした。

トリミング後左
トリミング後右
右も左もスッキリとしました。また少し水草の位置も移動したりしました。

斜めから
これでゆっくり新年を迎えられそうです。今年はブログを始め、色々な同好の方々と交流することができたのが最大の収穫でした。

本当にこの10ヶ月弱、このブログをご覧いただきました皆様やコメントしてくださった皆様、本当にありがとうございました。来年も頑張って行きますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

今年1年ありがとうございました
それではみなさん、よいお年を~。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
スポンサーサイト
カテゴリ: 90cm水槽
テーマ: 水草水槽
ジャンル: ペット
tb: 0 |  cm: 17
go page top

 

年末の大メンテ

2009.12.29/Tue/23:24:18

どうにかこうにか年末休みに無事入ることができ、やっと時間がとれるようになったので、今日は部屋の大掃除…の前に水槽の大掃除です。

ここ最近はずっと足し水だけだったので、水草は伸びているやらコケが蔓延しているやらで大変でした。

30cmH水槽はこんな感じでした。後景の水草がオーバーハングしてきて水槽全体が暗く、下草が厳しい状態に。
水草にはひょろ~んとしたコケが生えているのがあり、カットしないといけません。

(クリックすると大きな画像で見られます)


水面までモッサリ
水位も下がって、一部水面に顔を出しているのもあります。
この水槽の照明はネオビームなので、照明直下に水草が繁茂すると途端に光がまわらなくなるんですよね。


1本づつカット
この水槽はキッチリライン状に水草を生やすのではなく、あえて所々高さにバラつきを出して自然な感じにしたいのでバランスを見ながら1本1本トリミングしていきます。

成長スピードも違うので、深くトリミングする水草もあるし、逆に深く切りすぎて影になると育ちにくくなったりするのもあるので考えながらカット。結構時間がかかります。


再利用する水草
いらないのはバケツに捨て、再利用しそうなのはバットに移して取っておきます。
1本1本カットするのは面倒ですがその分、仕分け作業は楽でいいですね。


下ごしらえ
再利用する水草の下準備です。長さを調節し、下の方の葉を取って植えやすくしておきます。


植栽
そして再度植えなおしていきます。一度トリミングした水草は根が出て成長し始めるまで若干タイムラグがあるので、その間にほかの水草に負けないようにちゃんと光の当たるスペースを確保しておきます。


ガラス面の掃除
後はガラス面のコケとり。この水槽はカバクチカノコガイさんが頑張ってくれていたのかそれほどコケはありませんでした。前面だけメラミンスポンジでこすります。側面はそのままです。


after.jpg
(クリックすると大きな画像で見られます)
メンテ終了。トリミング後ですが、それほどカットしたところも目立たず見られる状態に。
途中サッカーの天皇杯を見ていたらすっかり夜になっていました…

おっと、パレングラスがまだ漂泊中でした。フィルターの給水スポンジも掃除して流量が復活しました。


トリミング後
斜め上からみるとこんな感じです。右側の有茎草エリアにはロタラ・ロトンディフォリアを仕込んでいるので、将来伸びてくるはずです。右側にはロタラ・ナンセアンを仕込んでこちらも少しアクセントにしようと思っています。

この水槽以外にも60cm水槽とか、ニムファ水槽とか45cm水槽とかベタ水槽とかコリ水槽とかビー水槽とか、まとめてやったので、先ほどまでかかってやっと一段落しました。
途中サッカーに夢中にならなければ全部終わっていたのに…延長PKとか…


おかげでこっちが残ってしまいました。
to be continued
「俺たちの戦いはここからだ!」 といったところでまた明日。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: 30cmH水槽
テーマ: 水草水槽
ジャンル: ペット
tb: 0 |  cm: 8
go page top

 

照明についてのまとめ:アクア豆知識#05

2009.12.28/Mon/02:22:00

とりあえず、照明についてのまとめです。
前回、前々回とスペクトル分布とケルビン数などについて書いてきたわけですが、『結局何がイイの?』という疑問が解消されていないことにコメントで指摘されて気がつきました…


小龍
「さては調べるのに楽しくなって忘れてたな。そういうのを本末転倒というんだよ」


申し訳ない…
で、ここに調べた照明のデータを載せようかと思ったんだけど、データでは分からないので、ざっくりと大まかに種類分けして特性を紹介していこうかと。


小龍
「データだけ羅列されても分かんないしな。お前みたいなのにとってはいい資料かもしれないが」


あと、一覧表を作る労力がないのと、作る前にすでに先人が調べ上げたデータを発見して挫折したというのもあります。
これでも年末進行継続中ですから。
エンドラーズ♀

(以下まとめ)
・一般メーカーの蛍光灯
例)パルック、メロウ、ホタルックなど通常の室内用蛍光灯

入手しやすさと価格では一番。最近では「電球色」「昼白色」「昼光色」の他、少しケルビン数の高い製品や反射剤が塗られていて照度がアップしているものなどバリエーションが豊富になってきた。それに伴い観賞魚用蛍光灯との差はかなり接近してきた感じ。
実はデータを集めた中ではこれら室内用の蛍光灯が直管蛍光灯では一番全光束が高い=明るいという結果に。植物の光合成波長からは若干外れるものの、その明るさで補うことが可能。
でも逆に一番明るく、光合成波長から少し外れるということはコケが出やすいというデメリットも。


・観賞魚用蛍光灯
例)NAランプ(ADA)、PG-5(ニッソー)、12000K(興和システム)、テクニカレフクリアー(テクニカ)

多少違いはあるものの、水草育成を謳っている観賞魚用蛍光灯はケルビン数が高めで青白い光の物が多い。これは青い光を中心に強化されているものが多いため。
ただ、青い光を強化しただけでなく、熱帯魚の色や水草の色合いがキレイに見えるようなスペクトル分布になっているので普通はこれを使っていれば間違いはない。
ただ、一般メーカーのものと比べれば店頭価格で3~5割増し位なのでランニングコストが…


・植物用育成用蛍光灯
例)ビオルックス(NEC)、植物用蛍光灯(パナソニック)、プラントルクス(東芝)

陸上植物用に開発された蛍光灯。光合成効果を追求した結果、どの製品も赤の波長が強化されている傾向にある。
水草を育てたいという目的がメインならば一番おススメ。ただし、どの蛍光灯も色はあんまり良くない。そして明るさも一般蛍光灯の半分~1/3程度しかないので、単品だとだいぶ暗く見えてしまう。
価格はビオルックスとプラントルクスは観賞魚用と一般用の中間くらい、パナソニック製品だけは異常に高く定価で1本¥3,000近い。



直管蛍光灯についてはこんなカンジですね。


小龍
「それぞれメリットとデメリットがあるんだな。比べるとどうなるんだ?」


それはこれから…
メスの群れ

【水槽内をキレイに見せる】
観賞魚用蛍光灯 >> 一般蛍光灯 >>> 植物育成用蛍光灯

【水草を育てる】
植物育成用蛍光灯 > 観賞魚用蛍光灯 > 一般蛍光灯

照明の明るさ】
一般蛍光灯 > 観賞魚用蛍光灯 >>>植物育成用蛍光灯

【色の見え方(演色性)】
一般蛍光灯 > 観賞魚用蛍光灯 >>>植物育成用蛍光灯

【寿命】
一般蛍光灯 > 観賞魚用蛍光灯 > 植物育成用蛍光灯

【価格】
一般蛍光灯 > 植物育成用蛍光灯 >観賞魚用蛍光灯

左が優れている方で“>”がどれだけ差があるかの目安です。
ただあくまで大雑把にまとめた場合なので細かいところではまた違ったりします、ご了承ください。

小龍
「水槽をきれいに見せるのと色の見え方は何で別にあるんだ?同じようなことだと思うぞ」


演色性は太陽を100とした場合の指数で、どれだけ太陽光のように満遍なくスペクトル分布が行きわたっているかを表しているんです。それが一般蛍光灯の方が高いということですね。より自然な色を重視するなら演色性が重要ということです。ちなみに白熱電球は指数100で蛍光灯よりも高いです。(蛍光灯はだいたい80台~90台)


小龍
「こうして比べると植物育成用はホントにそれ以外には役に立たない感じだな。あと観賞魚用と一般用は性能的にはけっこう接近している感じがする」


性能的にはそれ程大きな差はない感じですね。専用蛍光灯のバリエーションは確実に観賞魚用の方が多いので、選択肢と性能バランスは観賞魚用に軍配が上がりますが、あとは好みと価格の問題でしょうね。
ハーレム状態


小龍
「でもこれは直管蛍光灯だけなんだろ?他の照明はどうなんだ?」


他の照明器具についてはもうちょっと待ってください。
直管蛍光灯が最も一般的に使われていてバリエーションも豊富なので他の種類までまだ十分に調べが回っていないのです…
ただし、電球型蛍光灯は大体直管蛍光灯と同じようなものです。電球型では植物育成用はほとんどないので一般用かアクア用の2択になります。


小龍
「じゃあ特定の商品でコレ!というものはないのか?なんか不完全燃焼だ」


総合的に使いやすいものを一つだけあげるとすればNECの「ビオルックスHG」でしょうかね。植物育成、鑑賞面、価格どれもバランスとれてて調べていて気になる製品です。今度買ってみようと思います。
カクテルして使うなら、観賞魚用のテクニカレフクリアーのようにケルビン数が高いランプと植物育成用にビオルックスAを混ぜるという方法もありますね。多少紫がかった色合いになるでしょうけど育成と鑑賞のバランスは取れると思います。
エンドラーズ


小龍
「ところで合間合間に挿入されている画像は何だ?本文と全然関係が無いぞ。しかも微妙にムカつくんだが」


今回文字ばっかりで間が持たないのと、前回エンドラーズメスばっかりって言った時の画像が適切ではなかったので、そのハーレムっぷりを入れてみました。


小龍
「それはずっとロミオとジュリエット状態でお預けを食っているオレ様への当てつけか?いやがらせか?そうなんだな?」


まあ、まあそう言わずに。あったかくなったらペアリングしますから。とりあえず君の恋人の画像も貼っておきますからもうしばらく待ってください。
MyLittleLover.jpg

小龍
「うおおおおおおおおおおぉぉぉ」

相方がアピールに突進していってしまったので今回はここまで。
次回は照明から少し離れようと思います。
それでは~。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: アクア豆知識
テーマ: 水草水槽
ジャンル: ペット
タグ: 照明  蛍光灯 
tb: 0 |  cm: 6
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。