09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

スイレン鉢ビオトープの今

2009.06.29/Mon/22:24:31

最近チラホラと、スイレンの話題が
目につくようになってきましたね。

それに乗っかって、ひさびさにうちのビオトープの様子です。

うちのスイレン鉢は、水槽からの捨て水(80%)新水(20%)で
水位が下がったら足し水という管理です。
(大体1週間に1度くらい)
足し水の際は水をあふれさせて、
土手のリシア類に給水&古い水の排出という手抜き。

しかし、やたら水がクリアで青水にもなっていないし、
コケも出ていません。
放ったらかしの上、日当たりがかなり強い場所にあるのに
水槽より状態がいいのは何かやるせないです。

その代りと言ってはなんですが、
今年はまだスイレンの花芽が全く上がってくる気配がありません。
考えられる原因は2つ。

1.
水面を覆い尽くすほどのサンショウモによって
日差しが遮られてスイレンの生長点に日が当たらない。

2.
スイレンを植えている鉢の土が古くなって栄養が十分に補給されていない。

s-28_06_09 041
とりあえず、原因1を解消するために
サンショウモを半分ほど捨てました。
捨てたサンショウモは花壇の肥料に再利用。

そして、原因2を解消するのは植え換えがベストでしょうが、
今回は追肥で何とかしようと、
テトライニシャルスティックを鉢に追加してみました。

s-28_06_09 036
余ったリシアを土手に貼り付けていましたが、
もう完全に水上化して、前からあったものと同化しました。


s-28_06_09 037
試しにホソバミズゼニゴケも水上化するのか、
同じように貼り付けてみたところ、あっさり定着しました。

ゼニゴケは、水槽内では全く活着しませんが、
水上では結構しっかり定着してます。

ちなみにリシアの欠片もくっついていて
勢力拡大していました。

気が付いたことその1
リシアは水面から上では簡単に水上葉として
定着しますが、常に水につかっている部分は
ほとんど無くなってしまいます。

その代り、常に濡れている部分はタヌキモが
勢力を伸ばしています。
一方ホソバゼニミズゴケは水中・水上とも
そこそこの成長具合です。

つまり、
完全に露出する部分=水上葉の状態の水草の強さ
リシア > ホソバゼニミズゴケ > タヌキモ

常に水中にある部分=水槽内の水草の強さ
タヌキモ > ホソバゼニミズゴケ > リシア

ということですね。

s-28_06_09 035
サンショウモに覆い尽くされて、日の光が遮られているにも関わらず
復活を遂げたアメリカンスプライト。
以前よりも葉が太くなってさらにパワーアップ。
サンショウモの下の水中ではさらに殖えています。
凄い生命力ですね。

あ、ちなみにアナカリスも15cmくらいに短くまとめて
鉛で巻いて沈めていましたが、スイレン鉢1周するくらい
とぐろを巻いて成長しています。
思い入れがないので、画像も撮ってません。

s-28_06_09 034
スイレンは約2年で鉢の中央から縁まで移動。
花芽の上がる気配もありません…
追肥で何とかなるのかなあ…

s-28_06_09 038
90cmのトリミングで余ったタイガーロータスも
スイレン鉢に入れといたら根付いたみたいです。

水槽育成時の葉は全部溶け、新たに水中葉を展開中です。

s-28_06_09 033
黒メダカは頭が光って分かりやすいですね。
上から識別しやすいので、
観察する方にとってはありがたいのですが、
進化の方向性としては何か間違っているような
気がしないでもないです。

s-28_06_09 039
メダカは3匹しかいないので、
あまり期待はしていませんでしたが
ここ最近の日照でどうやら繁殖したようです。
稚魚を1匹だけ発見しました。
このくらい大きくなれば後は大丈夫ですね。


…梅雨明け位にはスイレン開花の記事を書きたいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 7
go page top

 

この記事に対するコメント

睡蓮鉢随分にぎやかになってましたね^^
水中に光が少なく青水にならないんですかね?
親めだかが居る鉢で稚魚が育つなんてすばらしい
URL | じゅげむ999 #FVvOm6X6
2009/06/29 22:46 * 編集 *

いいなぁ、ビオトープ。やってみたいなぁビオトープ・・・。

でもなぁ。ベランダに猫来るし、ひっくり返されないか心配だし・・・メダカ取られちゃいそうだし><

うーん。管理大変ですか?
URL | AYA #yH4erWZ2
2009/06/30 00:46 * 編集 *

ををを!!!!???

リシアって、水上化するとこんな綺麗になるんですか!?
こういう、苔むした感じが大好物なんですよ。

旧ジブリですね。

今度やってみようかなぁ。
URL | レイ #RZ4X6psw
2009/06/30 02:48 * 編集 *

ビオトープだ!ビオトープだ~!
いいなぁ、買っちゃおうかな…。
よく分からないので、買うならcharmさんでセットを…って思ってます。
でも、そうか…猫にメダカ狙われちゃいますかね??
結構野良猫がウロウロしてるんですよ…。
あと、子どもが蹴り倒しそうな気もします…。
URL | リトルジェム #-
2009/06/30 10:11 * 編集 *

ビオトープもやってたんですね!
リシアが・・・キレイだ(*゚Д゚)
芝生みたいになるんですね~これはすごい!
メダカも繁殖するってことはかなり安定されてるんですよね~^^
うちでもやってみたいなぁ♪
URL | ろくろー #-
2009/06/30 13:06 * 編集 *

リシアの水上化・・・始めて知りました。
いい感じになりますね~
ビオトープ今度やってみよう~
URL | チューリップ #-
2009/06/30 20:45 * 編集 *

Re: タイトルなし

> じゅげむ999 さん
前はスイレン鉢で金魚を飼っていたので、
それと比べると
水の汚れ方もだいぶ少ないのでしょうね。

水草が鬱蒼としているので
稚魚も食べられずに済んだのでしょう。
でも、ちょっとうれしい驚きでした。

> AYA さん
うちも近所の猫の散歩コースには入っていますが、
いたずらされたことはありませんです。
どうやら、暑い時は
スイレン鉢の水を飲んだりはしているみたいですが。

管理は水槽よりはるかに楽チンですよ。
魚を少なめにすれば、
ほとんどエサやりも必要ないので、
定期的にすることは足し水ぐらいですね。

> レイ さん
リシアは水中だと手間がかかりますが、
水上管理は楽だし、カヅノゴケの名前の通り
鹿の角のような枝分かれも見られますし楽しいですよ。

テラリウムなど作る時はお試しください。

> リトルジェム さん
猫はうちに来るのはあまり悪さをしないので、
どちらかというとカラスなどの鳥が心配ですね。

あと、このスイレン鉢は結構大きくて重い
(本体だけで5kgぐらい、水を入れると重くて持てません)
ので、もし蹴ったら私の足の方が折れそうです(笑

> ろくろー さん
リシアは水槽で増えすぎたのを
土手に貼り付けておくだけでこんな風になりました。
ビオトープは自然の力で安定するので
管理が楽で助かります。
夏場はグッピーとかベタの繁殖にも使えますよ。

> チューリップ さん
リシアは皆さんお好きなようで。
水上化すると苔むした感じに生えてくれるのでイイですね。
けっこう短期間で水上化するので、
実際に他のコケをつけるより楽かもしれません。
ビオトープをやるときはオススメです。
URL | 車輪のホイール #-
2009/06/30 21:58 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://watersoluble.blog73.fc2.com/tb.php/129-db75ab68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。