07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

お仕事の合間に遭難!?

2009.09.27/Sun/11:39:17

企画にご応募いただいた方々ありがとうございます。
今回競合しなかったので、抽選はありません。
それぞれの方には夜にご連絡差し上げます。

ということで、まだ余りがありますので、
数日は余っているのでよろしければ受け付けますので、
欲しい方はメールフォーム、コメント等でお知らせください。



抽選なしになって更新ネタがなくなったので、
出張の間の話でも。

金曜と土曜は、仕事で会津若松に行っておりました。
会津地方(福島県中央部)の市町村の地酒(+焼酎、ワインなど)が
100種類以上飲み放題(あと会津の郷土料理も)のイベントの運営です。

個人的にはそれほどお酒を飲まないのですが、
左党にはたまらないイベントですね。


このイベントは夜からなので、
2日目の午前中の時間を使って、市内を観光していました。
s-DSC00750.jpg
飯盛山のサザエ堂。
内部は2重らせんのスロープになっていて、
一方通行で上る人と降りる人が出会わない変わった構造をしている建物です。

元は西国の三十三観音が納められ、ここを一回りするだけで
お参りしたことになるという、江戸時代のオランダ村的テーマパークですね。
s-DSC00759.jpg
横から見ると分かりやすいですね。


そして、有名な会津白虎隊のお墓。
s-DSC00761.jpg
日本最後の内戦である幕末の戊辰戦争で、
16・17歳で構成される白虎隊は新政府軍との戦いに破れ敗走、
生き残りの20名が最後にたどりついた地が飯盛山です。

そこから、鶴ヶ城の市街地が炎に包まれているのを見、
城も落城したと思った彼らが、自刃して果てた場所です。

白虎隊自刃の地から鶴ヶ城方面を見る。
s-DSC00762.jpg
実はこのとき城はまだ落ちておらず、
城下町(武家屋敷)の女性達が屋敷に火を放って
自刃した火災の煙と炎を見て、城が燃えていると思った彼らは
敵の手に掛かることを拒み、最後まで会津の武士らしくあろうと、
遥かに鶴ケ城を臨むと姿勢を正し、
一礼してから次々に自刃したということです。

約3キロ先の鶴ヶ城。
s-DSC00764.jpg
その中で唯一人、飯沼貞雄少年が死にきれずにいるところを
別動隊に発見され、手当をされて生き残り、
白虎隊の最後が世間に知られることになりました。



そしてもう1か所。
会津藩主 松平家御廟所に行ってきました。
山全体が松平家歴代のお墓になっています。
s-DSC00775.jpg
観光客もほとんど来ない場所で、
つづれ織りの石段もボロボロです。
s-DSC00777.jpg

歴代のお墓が並んでいます。
s-DSC00779.jpg
巨大な石塔の台座は亀。
s-DSC00780.jpg
最後の会津藩主 9代松平容保(まつだいら かたもり)のお墓。
s-DSC00784.jpg
京都守護職に任命され、壬生浪士組(後の新選組)を組織した方でもあります。
ちなみに近所に近藤勇のお墓もあります。

この帰り道、来た道を戻れば良かったのですが、
どっかでつながっているだろうと思いどんどん進んだのが失敗。
道に迷ってしまいました…

結局ふもとに着いた所は、山の反対側の場所。
ちょっとした時間つぶしの観光のはずが
かなりスリリングな山登りになってしまいました(笑

s-DSC00785.jpg
そのあと、イベントでお世話になった酒屋さんでお昼。
あずき茶おいしかったです。

酒屋さんに水槽があったので思わず注目。
アクアリストの性ですね(笑
s-DSC00788.jpg
CO2はビールサーバー用でしょうか。ミドボンで添加してました。
羨ましいですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 7
go page top

 

この記事に対するコメント

酒屋さんの主人、結構きてますね。
ウェンティブラウンでしょうか、綺麗です。
ミドボンはスペースと最初のレギュだけなんとかすれば
あとは安くて気軽でいいですよね!
僕も酒屋さんから借りてます。

無事に戻ってこれて何よりでした。
僕も昔蕎麦粒山というところで迷って水が切れた経験があります。
URL | horborcat #-
2009/09/27 16:24 * 編集 *

こんばんわ

酒よりもあずき茶がすごく気になります。
酒屋さんの水槽もきれいだ

そういえば車輪のホイールさのとこリンクしてませんでしたね、リンクしときますね
URL | gra #-
2009/09/27 19:41 * 編集 *

こんにちは。

仕事でお酒 (゜ρ゜*)
飯盛山のサザエ堂ってピサの斜塔のように
傾いているのですか?
そういうアングルで写ってるだけなのかな?
おいらが酒で酔ったのか?
URL | ケンシロウ #Tksic3..
2009/09/27 21:09 * 編集 *

あずき茶おいしそうですね。
たぶん、お酒もおいしいのでしょう。

クリプトがめっちゃ大きく見える水槽ですね。

例によって、締め切り間違ってました。
今日中かと思っていたので、これから、
メールします。

URL | トモ #b03wljAE
2009/09/27 21:31 * 編集 *

こんばんわ!
お仕事出張お疲れ様でした!
それにしても、お仕事でお酒
・・・羨ましいと感じたのは一瞬で、仕事じゃゆっくり
呑めそうもないですね^^;

古い日本建築?を見ると、どうやって組んでいるのか、
素人目には全く謎すぎて、圧倒されて、感動です☆
URL | hatsuned #-
2009/09/27 22:44 * 編集 *

お仕事お疲れ様です
一枚目の写真は羨ましくなるイベントですねぇ^^;
酒屋さんの水槽は立派なクリプトですねぇ
センタープランツになるんですね^^
URL | cat #-
2009/09/28 09:58 * 編集 *

Re: タイトルなし

> horborcat さん
説明をしているのは、市町村の職員がほとんどで、
酒屋さんはそれほどいらっしゃいませんでした。

ミドボンを酒屋さんから借りているんですね。
本格的ですね。私もそうしたいところですが、
置くスペースもなく、小型ボンベです・・・

小さい山で、住宅も近くにあるので、
それほど危機感はありませんでしたが、
スーツに革靴だったので、歩くのが大変でした。

> gra さん
あずき茶は私もお土産に欲しかったのですが、
売っていませんでした。独自の製法で
作っているらしく、さっぱりとして美味しかったです。

リンクありがとうございます。
こちらもリンクさせていただきますね。

> ケンシロウ さん
私は運営側なので、一滴たりとも飲めませんよ?
見ているだけです。
サザエ堂は床がスロープになっているので、
斜めになって見えるんだと思います。
酔ってませんよ。大丈夫です(笑

> トモ さん
あずき茶はさっぱりとして美味しかったです。
お酒は運営の私は飲めませんが、美味しいらしいです(笑
結構貴重なお酒もあったみたいです。

クリプトはかなり大きかったですね。
日が差し込んでいるのに、コケがないのも
すごいと思いました。

> hatsuned さん
私は運営しているほうなので、
飲めませんし、食べられません。
かなり目の毒なイベントでしたね(笑

サザエ堂はかなり珍しい構造をしている建物ですね。
江戸時代に木造でこんな建築を建てるなんて、
昔の職人はずごかったんですね。

> cat さん
非常に運営者にとっては目の毒なイベントです(笑
会場に居るだけでお腹が減ってきますし。

酒屋さんのクリプトは大きくてキレイでした。
かなり状態良く管理されている水槽でしたね。
URL | 車輪のホイール #-
2009/09/28 23:53 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://watersoluble.blog73.fc2.com/tb.php/220-c77d1b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。