07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

稚エビが沢山!

2009.03.22/Sun/13:09:33

s-22_03 020
ミナミヌマエビの稚エビが増えていました。
ヘアーグラスの間にセミのように沢山くっついてます。
透明なのでなかなかピントが合いません。
画面中央にいるのですが、わかります?

ここでハタときがついたのですが、
今このサイズということは、
もしかしてトリミングしたときに
ミリオに沢山いたんじゃなかろうか。
思いっきり捨ててしまいました。orz

ちなみに別の水槽でも稚エビラッシュで、
ビーも増えていました。
s-22_03 062
ピントが全然あってませんが、白黒ビーです。
他の方のブログを見るとレベルが違いすぎる…

うちの水槽はジャングルすぎて、
選別どころか、網を入れるスペースもありません…

後ろにいるのはボララス・ウルフタルマ。
成魚ですが、マクラータより小さいです。
ここ最近やっと色が揚がってきました。

この週末、時間があったので、魚の写真をいろいろと撮っていました。

魚の写真を撮ろうと水槽の前でカメラを構えて微動だにしない男…
はたから見るとはっきりいって怪しいです。

魚の写真だけでも200枚ぐらいとったのですが、
下手くそすぎるせいで
その割にあまりきれいに撮れませんでした。
s-22_03 152
いまのところこれがベストショット。
難しいものです。

s-22_03 022
エビは撮りやすいのですが、ピンボケが多いです。
透明だから?

s-22_03 151
グリーンシュリンプではありません。
ミナミです。
ミナミを飼っていると、グリーンシュリンプとかあまり買う気になりません。

s-22_03 043
食事中のコリ。
コリドラスって餌を発見するとフリーズしますよね。
なんででしょう。

s-22_03 070
物陰からこちらをうかがうステルバイ。
いや、見えてますから。
全然隠れられてないですから。

s-22_03 137
s-22_03 122
ブラックファントム・テトラ。
いつも思うのですが、ブラックファントムって赤いの多くないですか?
オスだけよく売れるのでしょうか?

s-22_03 140
戦闘中のベックフォルディ。
色がきれいなのですが、動きが速くてピンが合いません。

s-22_03 128
メタボリックなカージナル。
うちの水槽ではいつも陰に隠れてなかなか前に出てきません。

水槽前面はいつもブラックファントムと
ベックフォルディが追っかけっこをしているので、
下手に前に出てくると追っかけられます。
数は一番多いのに。


あとは、グッピーとか、オレンジグリッターダニオとかなんですが…
s-19_03 025
パトラッシュ。僕もう疲れたよ。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: 観賞魚
テーマ: 水草水槽
ジャンル: ペット
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

No title

隠れきれないステルバイの写真いいですね♪

コリは確かにフリーズしますよね 
御馳走を見て楽しむ美食家なのかも♪

ボララス・ウルフタルマとかいろんな種類飼われてるんですね
混泳好きなgenchikenとしては参考になります
URL | genchiken #-
2009/03/23 21:04 * 編集 *

Re: No title

> genchiken さん

コリはなかなか餌にありつけないので
味わっているんですかね。

ウルフタルマは臆病者でなかなか前に出てきてくれません。
全面まで水草でいっぱいなのに。

ボララスはウルフタルマ、マクラータ、ビーシュリンプで混泳していますが、
かなり小さいので、気をつけています。

ビーのような小さめのエビやオトシンなどとは
混泳OKですが、遊泳層がかぶる他の観賞魚、
たとえばランプアイ やミクロラスボラとでも負ける可能性があります。

もし混泳させるのでしたら、
隠れ家たっぷりで群れをつくらせてあげて
さらにエサやりにも気をつける必要があるでしょうね。

あと、水質はアピストの様な弱酸性が好みです。
うちでは亜炭とピートの粒を入れています。

飼育される際の参考になれば。

URL | 車輪のホイール #-
2009/03/23 22:54 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://watersoluble.blog73.fc2.com/tb.php/31-9c90e23c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。