09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

ビーの能力を甘く見ていました。

2010.05.18/Tue/22:40:35

60cm水槽の現在の様子です。
20100518 009
謎のコケは相変わらずです。
換水に加え、前回60cm水槽を紹介した時
コメントでsantakurippu さんに
>うちの場合ですが、エビ達にも人気がありませんでしたが、
エアレーションを始めたら溶けて消えていきました。

とアドバイス頂いたので、消灯後エアレーションも開始しました。

が、結果はご覧の有様・・・
20100511 026
もはやウォーターフェザーなのかコケなのか分かりません。
ウォーターフェザーが一番ひどいですが、
流木や石など無生物についたものがかなり成長しています。

これでさらにエビが食べてくれなかったら一大事なので、
ひとまずウォーターフェザー付き溶岩石を取り出して、
ビー繁殖水槽とニムファ水槽に一つづつ入れて
様子を見てみることにしました。


・・・えーと。結果から言うとエビに大人気でした・・・
20100515 040
あっという間に群がってきました。
どうやらsantakurippu さんのとこで発生したコケとはタイプが違うようで。

正直レッドビーのコケとり能力は、それほど高くないので
1週間くらい入れとけば、だいぶコケも減るかな~なんて思っていました。



20100518 070
・・・次の日には無くなってました。
正直スマンかった。ビーシュリンプは使えない子だと思っておりました。
これほどとは思いませんでした。


とりあえず、そのまま入れておくと、
ウォーターフェザーまでボウズにされそうだったのと、
60cm水槽に戻すとまたコケがつきそうなので
エビの少ない45cm水槽に移動しました。
20100518 074
気が付いたら45cm水槽は変わったコケの宝庫になってました。

20100518 086
ウォーターフェザー
ホウオウゴケの仲間。
活着するタイプとしないタイプがあるようです。
ウチのは活着するタイプ。結構しっかりくっついてます。
成長速度もなかなか。

20100518 077
スパーテンモス
60cm水槽で流木に巻いた余りです。
どういう風に成長するのか試しに入れてみました。
なんかクシャクシャっとした感じであまり美しくはないですね。

活着はするようです。成長方向はバラバラ。
成長スピードはそれほど速くありません。

それほど好環境でなくともよいようですが、
ちょっと打たれ弱いようで、
60cm水槽では茶ゴケに負けてます。

20100518 079
ハネゴケsp.
活着はほぼしません。
根元が絡み合っているのでバラバラにはならないという程度。

上方向に伸びていき、
二酸化炭素の添加と高光量を要求します。
どちらかと言うと光量の方が重要。
ちょっと暗いとすぐいじける気がします。
でも特徴ある姿でなかなか魅力的な種類ですね。

20100518 081
モスsp.
平たく広がり、
ある程度の面積になると分かれて増えるモスです。

これも二酸化炭素と光量が必要ですが、
比較的適応範囲は広いです。
暗いなら暗いなりの大きさで育ちます。

今60cm水槽でも育てていますが、
環境が良すぎるのかゴツイ感じで、
色も少し黄色っぽくなってきてます。
水質かもしれませんので後で調べときます。

20100518 082
バブルモス
ウィローモスよりもさらに枝分かれが少なく、
ひょろ~んと伸びていきます。
ウィローモスが育つなら取り合えず育つようです。
明るいところで二酸化炭素を添加してやると、盛んに気泡をつけます。

活着力はかなりのモノですが、
ひょろ~んとした姿のせいかあんまりうまくくっついてくれません。
画像の状態は、切れ端が流木に引っ掛かって
偶然うまく活着してくれた状態です。


とりあえず、60cm水槽のコケは
ビーでも何とかなることが確かめられたので一安心しました。

既にミジンコがざくざく湧いていますのでエビ投入は問題なさそうです。
ヤマトヌマエビだとウォーターローンやキューバパールグラスが
抜かれる心配もありますが、
ビーと同程度のサイズのエビならばそれほど問題はないはず。

というわけで、週末あたりにエビを入れようと思います。
ビーにするかミナミヌマエビにするか、はたまた別のエビにするかは
週末までじっくり考えることにします。


一方その頃別の水槽では事件が・・・
といったところで本日は終了。

ではまた次回までごきげんよう。
ちょっと洒落にならんよこれは・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: 観賞魚
テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット
tb: 0 |  cm: 6
go page top

 

この記事に対するコメント

ビーと相性がよいコケだったんですかね。びっくりするほどの綺麗さです(;・∀・)

「はじ☆みず」はいい企画ですねぇ( ´∀`)
ピンセットの持ち方は気にしたことありませんでしたが、そういえば箸の持ち方で持ったことありませんでした。私は常にかぶせもちみたいですw

事件・・・((((;゚Д゚))))
URL | アクアでまったり@管理人 #-
2010/05/18 23:31 * 編集 *

こんばんわ(^-^)

ビーさん意外にコケ取り能力が凄かったんですね。
それとも、このコケがよほどおいしかったのか(*^_^*)
ビーさんも満足、ウォーターフェザーも凄く綺麗になって一石二鳥でしたね♪

洒落にならない事件って…(・_・;)
URL | REON #sIsb6NwU
2010/05/18 23:56 * 編集 *

ビーも数が多いと戦力になりますよね~
ウチの水コケとかもよく食べてくれてます^^

モスspキレイですねぇ
レイアウトでも使ってみたくなりますね。

楽しみにして良いのかわかりませんが
洒落にならない事件ってなんでしょ?^^;
URL | cat #-
2010/05/19 11:10 * 編集 *

こんにちは。

お力になれずに。。。スミマセン。
しかし、そんなにもビー達に人気があるなんて。。。

・・・人気の違いはなんなのでしょう?
・・・ちょっと、ショック。
うちのエビ達は働きがたりませんね。

モス。spは強光でないと無理と思っていました。
綺麗なので一度チャレンジしてみます。
・・・大事件ですか・・・?
URL | santakurippu #-
2010/05/19 15:33 * 編集 *

ビーのコケ取り能力はすごいですね^^
ビーのみの水槽ではうちもコケは食べてくれているので安心なんですがアピスト水槽が><
最近毎日自分でツマツマしていますw

モスいいですね♪
うちも種類を増やしたいんですが照明が弱いのでからしてしまいそう><
南米モスは相性がいいようでちゃくちゃくと♪
URL | チューリップ #-
2010/05/19 21:33 * 編集 *

Re: タイトルなし

> アクアでまったり@管理人 さん
自分もまさかここまでキレイになるとは思っていませんでした。
ビー様々です。

ピンセットは私も以前はかぶせて持っていました。
そちらで慣れてしまうと箸のように持った時
違和感があるかもしれませんが、細かい水草を植える時などは
こちらの持ち方の方が早く正確に植えられますよ。

事件については今日の更新のような状態です…

> REON さん
ビーが食べやすいタイプのコケだったのか
あっという間に完食してくれました。
ついでに流木も取り出して入れてしまおうかとも考えています。

事件は今日の更新のような状態です…

> cat さん
初期段階のコケだとこんなに食べてくれるものなんですね。
他の水槽ではそんなにコケを食べてくれる印象がありませんでした。
モスsp.は生えそろうと綺麗ですね。
コケが付くと取りづらいので大変ですが、
うまく育てられればキレイなレイアウトになりそうです。

事件については今日の更新のような状態です。
企画進行がストップするかも…

> santakurippu さん
いやいや。コケの種類も無数にありますので
似たような見た目でも全く違うこともよくある話です。
ウチのエビも特段働き者だとは思っていませんでしたので、
コケとの相性なのでしょうね。

モスsp.は暗くても枯れているというのは
あまり見かけないのでこう書いてみました。
ただ、コケがつくと完全に取るのはなかなか厄介です。
条件を整えてやるに越したことはありません。

> チューリップ さん
ビーはここまで働いてくれるとは予想していませんでした。
普段はあまりコケを食べている印象が無かったです。
アピスト水槽だとビーは難しいですよね。

最近のモスは育成条件が厳しいのが多いですね。
それでも種類によっては
暗くても育つ丈夫なのもあるみたいです。
URL | 車輪のホイール #-
2010/05/19 22:33 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://watersoluble.blog73.fc2.com/tb.php/342-e0f392a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。