09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

2500円でレイアウトする#04

2010.05.22/Sat/23:07:40

みなさんこんにちは。
『はじ☆みず』第4回目です。

今回はレイアウトについて。
20100501 024
まずは『こんな風な水槽にしたい!』という
大まかなイメージがあると作りやすいです。

ただし、使いたい水草を闇雲に植えたからといって
キレイになるとは限りません。
ある程度レイアウトを作る際の法則みたいなものがあります。

私なりの法則を簡単に説明しますと、

●高さを出す
レイアウトのメリハリをつけるための方法その1です。

レイアウト内でどこか最低1ヶ所は、
水面まで達するような高さまで伸ばします。
セット時は水草が成長しないので、そのようにはなりませんが、水草を購入する段階から「コイツで高さを出す」ということを考えておきます。

背の低い水草だけで作るレイアウトもありますが、
そのような水草は水質にうるさかったり、光量や二酸化炭素などの各種条件が厳しい場合が多いので、どちらかというと設備が整っている方向けです。
はじめのうちはもっと簡単な種類から挑戦していきましょう。
お金もかかりますしね。

●空間を空ける
レイアウトのメリハリをつけるための方法その2です。

あえて、開けたスペースを作ってやることで、
レイアウトの構図が強調されます。
上記2点を合わせて、どこを高くして、どこに空間を空けるかで、大まかに3種類の構図が生まれます。

それが三角構図、凸型構図、凹型構図です。

三角構図は水槽のどちらかのサイドで高さを出して、
その反対側のサイドに空間を空ける構図です。

直角三角形がどちらかのサイドにある様なイメージですね。
この構図は、水槽サイドと底床が直角三角形の2辺のガイドとなるので、考える要素が斜辺の角度だけでよいことから、比較的作りやすいです。

凸型構図は水槽の中央付近を一番高くする構図です。
山の形ですね。この場合は山の左右の斜面の角度を決める必要があります。
開けたスペースは両サイドに取ります。

そして凹型構図。これは左右の両サイドを高くして、
中央部分にスペースを取る方法です。
左右の山の高さだったり、中央のスペースを水槽中心ではなく、少しズラして作らないと左右対称になってしまいがちです。考える要素が上2つの構図より多くなるので、少し複雑です。

●水草は同じ種類を1ヶ所に密に植える
水草を混ぜてバラバラに植えると自然に見える一方、それぞれの水草の個性が薄くなり、下手をすると雑草の草むらのように何が何だか分からなくなります。
同じ種類はできるだけ一つ所に固めて植えましょう。

また、本数が少ないからといって1本1本の間隔をあけると散漫な印象になり、みすぼらしい感じになります。
スキンヘッドよりも、下手に少しだけ髪の毛が残っている方が無残なハゲに見えるのと一緒です。(毛髪でお悩みの方スミマセン)

●似たような形、赤い色の水草は隣同士に植えない
これも水草の種類ごとの個性を強調するためです。
赤い色の場合は、違う形でもなるべく隣は避けます。
赤は注目されるポイントになりますが、隣も同じような色だと印象が弱くなってしまいます。

●前面のガラスには接しないように植える

前のガラスに水草が触れていると圧迫感があり、
水槽が狭く見えてしまいます。
当たり前ですが、
前の方に魚の泳ぐスペースを作らないと観察しにくくなります。

前面に絨毯のように広がる水草は例外ですが、その他の水草は水槽前面からできるだけ離して、成長してきても触れないようにしましょう。

●無理に器具を隠そうとしない
水槽内にはフィルターの給排水パイプやヒーターなど
人工的な器具があります。
これらは動かせる余地が少なく、結構邪魔な位置にあったりします。
こういう器具を水草や流木などで無理に隠そうとすると、レイアウトが不自然に見えます。

かくれんぼであからさまにアヤシイ人型のふくらみがあるように、本来見てほしくないのに逆に目立ってしまします。

レイアウト上隠れる場合は別として、そうでない場合はわざわざ隠すようにする必要はありません。
構図がしっかり出来ていれば、
そちらの方に目が行くのでそれほど気にならなくなります。
そういう細かいところが気になるのは毎日舐め回すように観察している本人だけだったりします。


・・・これらは必ず守らないといけないということはなく、あくまで“出来るだけ”クリアするように作ると
それなりになるよという程度に捉えてください。
各人の好みというものもありますし、それが個性だったり、レイアウトの味になったりするものだと思います。



20100502 071
そして今回のレイアウトはこのような感じです。
今回は真ん中を高くした凸型構図にしてみました。

水槽を上から見たところなので
画面上が水槽の後ろ面、下が前面になります。

それぞれの水草の位置は以下の通り。

前景 : チェーンアマゾン(水槽中央)
20100504 013

中景 : (左から)アンブリア
20100504 006

ハイグロフィラ・ポリスペルマ
20100504 007

ラージパールグラス
20100504 012

ハイグロフィラ・ローザネルヴィス
20100504 016

ウォーターウィステリア
20100504 017

スクリューバリスネリア
20100504 018

後景 : マツモ
20100504 019

という感じです。
中景はアンブリア以外はU字型にして、中央付近に赤みのあるハイグロフィラ・ローザネルヴィスを植えています。

アンブリアだけ別にしたのは状態が悪かったので、溶けてくるかもしれないと思ったことと、形が後景のマツモとかぶり気味で、その前に植えたくなかった為、アクセント的に外れた場所に植えています。

今回のレイアウトは、上からの画像を見てもらうと分かるように、上部フィルターのせいで水槽後ろ半分が暗くなってしまいます。
底の方はまだ距離があるため光があたりますが、上に行けばいくほどフィルターの影になって暗くなります。

この場合、通常だと背の高くなる後景草は成長が悪くなるので、水槽の後ろいっぱいまで水草を植えることができなくなります。
これは上部フィルターのデメリットではあるのですが、今回のマツモは成長がとても早く、多少暗いくらいでちょうどいいというのがひとつ。

もうひとつは、暗いことを逆手にとったレイアウトにするために、あえてマツモを後ろギリギリに植え、凸型の構図を選びました。

マツモは草体の色が透明感のある濃いグリーンですが、若い穂先の部分だけは明るいライトグリーンになります。
この色の差は明るい場所よりも暗い場所の方がより強調されます。

つまり上部フィルターの影とグレーのバックスクリーンで、本体部分の色を背景に溶け込ませ、穂先の部分だけが浮かび上がって見えてくるようになります。

そんなわけで、水槽の全体像はこのようになりました。
20100504 072
100円ショップで買ってきた小石は、中央の砂を抑える土留めとして、水草の周りを取り囲むようにばら撒いています。
しっかりした土留めではないので、そのうち少しずつ埋まってくるでしょうが、それはそれで自然な感じになるでしょう。

今後、この水槽がどのようの変化してくるのか?どのように維持していくのか?という部分をこれからレポートしていきたいと思います。

が、成長をお伝えする前に水槽のトラブルシューティングについて書くことになりそうです・・・
次回のレポートについては、そのトラブル発生前までの状況をお伝えします。

それでは、また次回までごきげんよう。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
テーマ: 水草水槽
ジャンル: ペット
tb: 0 |  cm: 6
go page top

 

この記事に対するコメント

こんばんわです!
今さらながら、車輪のホイールさんの記事を見ながら、
自分の水槽のいたらなさを痛感中^^w
一先ず、レイアウトは勉強するとして、
次のエントリや水草のトリミング方法などを
楽しみにしていきます~!
URL | hatsuned #-
2010/05/23 22:23 * 編集 *

今回も勉強になります。^^
最近、流木を購入したのですが、
水槽が窮屈です。><
小型水槽の小ささより来る
レイアウトの制限、
難しさを今頃、痛感しました。
URL | じゅげむ999 #FVvOm6X6
2010/05/23 22:36 * 編集 *

こんばんは

空間を空けるってのがなかなか難しかったです。。
レイアウトはじめた当初は好きな水草ボンボン突っ込んで水槽が見ずらくなってしまいました。
URL | 白猫の髭 #-
2010/05/23 22:38 * 編集 *

Re: タイトルなし

> hatsuned さん
いやいや全然そんなことはありませんよ。
hatsuned さんの水槽もキレイだと思います。
私はセンスがある方ではないので、
色々試行錯誤しながらやっているというだけです。

次回はマツモの差し戻しや追肥について
書こうと思っております。

> じゅげむ999 さん
流木とかはサイズを判断するのが難しいですよね。
思ったより小さめにしないと
バランス取りづらい気がします。
小型水槽は手軽な半面レイアウトするとなると
色々制約が多いですね。

> 白猫の髭 さん
そうなんですよね。
思い切って空間を空けるのは難しいですよね。
スペースがあると何か植えたくなってしまいます。
URL | 車輪のホイール #-
2010/05/23 23:57 * 編集 *

コメント後での投稿失礼致します。

最近私のブログにも砂地でレイアウトする方法の質問が増えています。


うちも砂地水槽は同じような水草ラインナップです。
プラス陰性でしょうか。

施肥、施肥が気になります。

追記ですが、えろもなすは温度が急変して上がると活性化するようです。

うちの金魚にも発生しました(トホホ)

最近気温が急に上がったので、心配です。
大きい魚なのでイソジン浴します・・・
URL | GARCIA #MDo56pwE
2010/05/24 12:23 * 編集 *

Re: タイトルなし

> GARCIA さん
イエイエ。コメント後だろうが
全然かまいませんよ。

次回に肥料のことについて書こうと思っていますが、
砂の水槽場合の一番難しいところだと思います。
基本は控えめでしょうが、
砂だと肥料欠乏になりやすいですしね。

温度に関しては低めで薬浴中です。
たしか25.いくつか~27度付近が一番ヤバいんでしたっけ?
状況は一進一退というところでしょうか。
お互い早く良くなるといいですね。
URL | 車輪のホイール #-
2010/05/25 23:03 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://watersoluble.blog73.fc2.com/tb.php/345-c26fbf31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。