04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

水溶性の緑

水草水槽と観葉植物(おもに多肉)のことを観察するブログ

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

2500円でレイアウトしてみた#10

2010.07.12/Mon/23:58:12

みなさんこんにちは。
はじめてのみずくさ』第10回目です。

予想通りそれほど水槽に変化が無いので
今回はちょっとわき道に逸れて
季節的にタイムリーな話題でも書きなぐってみることにします。

20100711 037

これから本格的な夏をむかえ、
水温が気になる時期になってきました。

水草にも旬の時期がある種類があり、
水草にも暑い夏に適した水草もあれば、
冬場に強いものまで、色々なものがあります。

半年サイクル位でレイアウトを作り直すことを考えるなら
旬の水草を使って、完成時期を楽しみたいものです。

また、1年~を目指す長期維持でも
時期によって植える位置を変えて、
常に状態良く維持したいものです。

主にいまウチにあるのが対象ですが、
夏場の暑さに強いもの、弱いものを簡単にご紹介。
ただしちゃんと根付いていること前提です。

水温の高低は、生育に微妙に影響を及ぼすので、
水槽のセットは、春秋が時期的にちょうどいいのですね。

20100712 007
一番手はアマニアグラキリス
赤系で比較的大きくなる種類ですね。
前回のビオトープに導入したミゾハギの仲間で、
湿地などに生育しています。

夏場にこそ生長する水草の代表格ですね。
アマニア、ネサエアの一般種はアフリカ原産のものが多く、
それが暑さに強い理由なのかもしれませんね。

20100711 033
お次はウォーターウィステリア
高温に強いというか、基本丈夫な水草です。
でも比較的暑い方が調子がいい水草ですね。

20100711 029
そして、チェーンアマゾン
ウィステリアと共に、『ディスカスを水草水槽で飼う』際に
おススメされている種類です。

ディスカスという魚は、通常熱帯魚を飼う場合よりも
水温を高めに設定される事が多い上、
良く食べよく汚す魚なので浄化能力がが高く、
高温でも生育できる事が条件となります。

そんなセッティングの時に前景として
チェーンアマゾン(エキノドルス グリセバキィ)が勧められるのですから
推して知るべしと言ったところですね。

20100711 030
ラージパールグラス
パールグラスとラージパールグラスは名前が似ているだけで
別の種類なんですが、
ちゃんと根付いていると高温下でも順調に育ってくれます。

パールグラスは温度より硬度の方が影響が大きいので
あまり参考にならないかもしれませんね。

20100711 031
ハイグロフィラ ポリスペルマ
ハイグロの仲間はたくさんあるので一概には言えないのもありますが、
比較的夏場に強い種類です。

定番種のポリスペルマ、その改良種のロザエネルビスとも
暑さが原因でやられるケースはほとんどないと言ってもいいと思います。
暑いと少し黄色っぽくなるような気はします。

葉っぱのより大きいラージリーフハイグロ、テンプルプラントなどは
ポリスペルマほど暑さに強くありません。

20100711 008
20100711 011
暑さに強いもうひとつの定番と言えば、
スイレンの類です。
タイニムファやタイガーロータスなんかは
水温30度くらいは全然平気です。ただし浮き葉もいっぱいでます。
2枚目の画像はタイニムファの水上葉。
子供のてのひらぐらいはあるでしょうか。

この浮き葉で光を遮るので、水温が上がりにくく
スイレン鉢などは真夏でも意外と涼しかったりするんですよね。
流石に直射日光が当たる場所では、差し水とかで水温を下げる必要がありますよ。

ただし、芋系だったら何でも高温に強いわけではありません。
マダガスカル レースプラント、バナナプラント、
コウホネなどは低水温環境に生育するので注意が必要です。


反対に夏場に弱いの代表格がシダ系植物。
普通は日陰に生育する植物なので、暑さにはめっぽう弱いです。

水槽内は、外の環境より明るさが暗いため、
初心者向きの水草として定番ですが、
夏場だけは経験者でも油断するとダメにしてしまう
難しい種類に早変わりします。
20100712 026
ボルビティス ヒュディロッティ
暑さに弱い種類として有名ですね。
“シダ病”という葉が茶色く病気も発生しやすくなります。
ウチのこの90cmも、連日30度位になっていて調子が悪いです。

20100712 037
ミクロソリウムも同様に暑さに弱い種類です。
シダ病は葉が密生していると発生しやすいので、
夏場対策として、葉を全てカットしてしまうというのも
一つの手ですね。茎と言うか根元の部分が残っていれば
幾らでも葉は生えてきます。

そこまでしなくとも、
古くなった葉や、大きくなりすぎた葉を一気にカットすることで
秋から冬にかけてちょうどいい大きさの葉が生えそろってくるはずです。

20100712 024
その他にも初心者向きとされる水草ながら
夏場に弱い水草はいくつかあります。

安くて丈夫な水草と言ったら、マツモ、カボンバ、
アナカリスの3TOPですが、そのうちカボンバ、マツモは
それほど高温に強くありません。

と言っても、元々とても丈夫なヤツらなので、
生長速度が鈍る程度で、
それほど気にならないかもしれませんけど。

あとは、ルドウィジア オバリス、
ホトニアと言った種類は初心者向きでも、
一般的でも無いかもしれませんが、
高温に弱いので夏場は導入を控えた方がベターです。


と言ったところで、今回はちょっとした余談でした。
次週には少し動きがあるかな?
20100711 035
それでは珍しく日中オモテに出てきた
ニジイロボウズハゼとともに、また次回までごきげんよう。

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
テーマ: 水草水槽
ジャンル: ペット
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

こんばんは。

水草にも夏好き冬好きがあるんですね。
シダ類は夏に注意と聞いていましたが。。。

そういえば、うちのオバリスも先日、新芽部分が急に黒く枯れていました。
急いでカットしたので今では綺麗な新芽が出てきています。
夏場は注意が必要なんですね。今後は気をつないと。


ボウズハゼ、綺麗ですね全身にまんべんなく模様がでるんですね。
もっと地味かと思っていました。
URL | santakurippu #-
2010/07/13 23:34 * 編集 *

Re: タイトルなし

> santakurippu さん
オバリスは日本に自生するものですから
比較的涼しい環境の方が好みみたいです。

ボウズハゼは顔のあたりが青みががっていて
体はその名の通り虹色でキレイですね。
動きも可愛いですよ。
臆病者なのであまり昼間は見る機会がありません。
URL | 車輪のホイール #-
2010/07/18 23:13 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://watersoluble.blog73.fc2.com/tb.php/375-6a9f8500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。